「高卒」でないとあらゆる道が閉ざされる高校中退者の厳しい現実

「高卒」でないとあらゆる道が閉ざされる高校中退者の厳しい現実
1: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:18:50.27 _USER
http://president.jp/articles/-/21650

高校への進学率は、毎年98%前後を推移しています。一方で、学業不振や家庭の事情、進路変更などさまざまな理由で中途退学する人がいます。
その数は1990年前後に、年間で12万人を超えるほどに膨れ上がっていました。現在は少子化の影響もあり、5万人ほどになっています。
しかし、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。依然として大きなハンデを負い、生きていかざるを得ないのです。

文部科学省が毎年実施する「高等学校卒業程度認定試験」は、かつては「大学入学資格検定(大検)高等学校」
と呼ばれていました。高校を辞めたり、進学しなかったりした人が、高校を卒業した人と
同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。試験の出題範囲は、高等学校のカリキュラムを編成する
基準(学習指導要領)の科目(教科書)に対応しています。試験に合格すると、大学、短大、専門学校などの受験資格が与えられます。

高等学校卒業程度認定試験の問題集や参考書を、「しまりすの親方」というペンネームで書き続ける方がいます。
認定試験の予備校や学校、先生、生徒の中では「カリスマ」で、その正体は、都司嘉宣(つじ・よしのぶ)さん(69)です。
都司さんは東京大学地震研究所の准教授として、津波などの研究を長年にわたりしてきたことで知られます。
娘さんが高校を中途退学したことで、中学や高校の教育、さらに高卒認定試験などのあり方に問題意識を持つようになりました。
都司さんのくわしいキャリアは、「“灘中→麻布高校→東大”で、抱き続けた劣等感」(http://president.jp/articles/-/17035)で紹介しました。

対談の相手は、森亜梨沙(ありさ)さんです。高校を1年のときに辞めて、昨年(2016年)、高卒認定受験予備校である、
中央高等学院に入学しました。中央高等学院は、通信制高校サポート校であり、大学受験の予備校でもあります。
森さんは入学半年後に、認定試験(高等学校卒業程度認定試験)を突破し、東京家政学院大学の入学試験にも合格しました。この4月から大学生となります。

今回から3回にわけて2人の対談を紹介します。この対談を通じて、見えてくるものは何でしょうか、一緒に考えたいと思います。

「高卒」でないとあらゆる道が閉ざされている


【森】1年のときに、体の具合を悪くして辞めました。通学したかったのですが、最後はできないような状態だったのです。
その後、しばらくはパン屋さんでアルバイトをしていました。将来を考えたとき、このまま、アルバイトをしていくしかないのかなと思うようになりました。
アルバイト先を探す場合も、求人広告に「高卒以上」と書いてあることがあったのです。
何をするのにも、「高校中退」がハンデになると痛感しました。そのようなとき、バイト先の先輩から認定試験のことを教えてもらったのです。

(中略)

【都司】その思いは、とてもよくわかります。高校を辞めた後、家のそばを歩いていると、近所の人から聞かれることがあるのです。
「あれ? 何をしているの。高校は?」と。これが、グサッと本人の心にはくるのでしょうね。

【森】「いくつなの?」と聞かれ、「17歳」と答えると、「ああ、高校2年」と当たり前のように言われます。私は悲しいような、悔しいような思いになっていました。

【都司】私の娘は高校を辞めた後、近所の人と会うことを嫌がり、外にはあまり出なくなったのです。親の立場として、
この子が家から出ることがいつまでもできないことを思うと、耐えられなかったです。そんなことを娘に背負い込ませるなんて。

【都司】「高校は?」などと本人にあえて聞くのは日本の社会の悪いところであり、余計なおせっかいなのかもしれません。
それを言われると、本人は外に出ることができなくなるものなのです。
18: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:31:54.18
>>1
今度、日本酒メーカー「大関」の社長になる女性は、
甲南女子高校中退。

学歴なんて関係ない?

26: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:36:07.74
>>18
「大関」にとっては創業一族であるほうが学歴より大切だったんだろうね

21: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:34:03.98
>>1 道を閉ざしてるのは自分自身じゃん

中退に負い目を感じてるから卑屈になっていくのだろ?
中卒で働いてる奴だってたくさん居るんだぞ
大事なのは他人にどう見られるかではない自分が何をなしたいのかだ
バイトで一生生きていくつもりか

129: まとめ太郎 2017/03/29(水) 15:37:28.68
>>1
高校中退者と、中学新卒で社会に出た者は区別するべき。
>「高卒」でないとあらゆる道が閉ざされる

後者は独立意識が高い者が多く、個人事業主、従業員抱えた経営者を多く観てきた。
新卒で就職した業種も将来の目標の為に、知識や経験を積む為だったりする。
中学新卒就職者は心構えが違うぞ。

2: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:20:36.90
要高卒

3: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:20:56.99
大卒でも2流じゃな。

5: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:22:27.62
高校とか毎日通ってるだけで卒業できるじゃん
ほとんど義務教育みたいなもんじゃん

6: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:22:53.68
いまどき大学出ても道なんか大したものはない
一寸先は闇

7: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:25:44.25
俺の嫁は中卒やけど俺より賢いわ
英語もペラペラ

8: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:25:45.30
元からどうにもならない奴が学歴が無いせいで不当な差別とか騒ぎ立てるわけだが

9: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:26:55.33
病気とか親が失業したからという学費の問題で中退なのは可哀想なので
そういうのに対する手当は大切で行政の仕事
ただ実際は勉強したくなくて逃げ出したのが大半だろう

10: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:27:30.54
大卒の人は感じないだろうけど
大卒 専門卒 高卒 高校中退の間には見えない壁があるよね
世間の目が全然違う

11: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:27:37.49
高校すら卒業を出来ない奴に何が出来る?って思われて当然だろ

12: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:27:44.82
一部の例外は除くが
Fランや専門学校にも行けない高卒、高校中退とかが低収入なのは自業自得。

勉強がではなく、勉強すら出来ないんじゃお話にならない。
鳶土工、自衛官になって将来は塀の中。
塀の中への道は閉ざされてないどころか、王道、一本道。せいぜい鑑別所っていうクッションがあるくらい。

64: まとめ太郎 2017/03/29(水) 14:22:21.59
>>12
Fランや専門学校(専門学校は馬鹿じゃ行けない所もあるが)って
どんな馬鹿でも金さえ出せば行けるんやで
高卒でまともなとこ就職してる奴よりFランに行く方が俺の地域じゃゴミ扱いされてるけどなww
「あんな行っても仕方ないとこに高い金払って…」と馬鹿扱い(笑)

13: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:27:47.72
法律の義務教育と常識の義務教育がある。
今日の新聞にアメリカ低学歴白人の早期
高死亡率の記事が載っていた。低学歴ゆえに
低収入で不安定な生活に未来に希望も持てず、
日本のように福祉が充実せずアル中やクスリ
に走り、拳銃が容易に手に入りやすいから
拳銃による自殺率も高い。

14: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:28:32.20
俺の兄貴は高校中退だけど
いまは国立大学の准教授だわ
家族は迷惑したけどな

20: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:32:46.32
>>14
高校中退→大検→…→大学教員はけっこういるよ
勉強をどこかでやり直してるのだから

大検なしで高校中退が最終学歴なら珍しいけど
まあ芸能人でも大学教授になれるし

55: まとめ太郎 2017/03/29(水) 14:13:10.25
>>20
大検→大学→ポスドクから40手前でようやく就職のパターンだよ。大学生を10年以上してやがったけどなw
普通に大学まで卒業して就活勝ち抜いた親孝行wな俺からしたらムカつくわ

71: まとめ太郎 2017/03/29(水) 14:28:19.96
>>55
大学生を10年以上して・・・はともかく任期付きの職を重ねて
40歳手前でやっとパーマネント職に就職というのは
高学歴プアの多い大学関係では珍しくない

親不孝者だと思うが道を一度外した人が逆転人生を狙うには
民間企業に比べて年齢の壁が低い大学教員というのは理にかなっている

今の国立大教員なんて昔と違ってどんどん待遇が悪くなってるけど
お兄さんが頑張ったんだことは評価してあげてください

116: まとめ太郎 2017/03/29(水) 15:21:11.86
>>20
>高校中退→大検→…→大学教員はけっこういるよ

17: まとめ太郎 2017/03/29(水) 13:29:31.87
高校なんか卒業しなよ

スポンサーリンク